19世紀末から高層建築が建てられ摩天楼発祥の地・建築の街として知られているChicagoのdowntownは、シカゴ川を挟んで北側がMagnificent Mileと呼ばれるブランドショップが並ぶショッピング街、南側が通称Loopで主に官庁やオフィスビルが建ち並ぶエリアになっています。
 Chicagoはアメリカのほぼ中央に位置する事から交通の要所として繁栄し、国際的な会議や見本市が頻繁に行われるコンベンション・シティーとしても有名です。また、先物取引所・商品取引所など各種の取引所があり、金融の街としても重要な役割を果たしてきました。
 ChicagoのDowntownの数多い観光spot中からごく一部ですが、私が馴染んだお気に入りの場所を、北の方から順にご紹介致します。

 Magnificent Mile
 N. Michigan Ave.沿いのショッピング街は魅惑の1マイルと呼ばれ、ブランドショップ・ホテル・人気のレストランが集まっていて、賑やかな商業地域、Chicagoの観光の中心になっているところです。

 John Hancock Center
  
 John Hancock Centerの94F展望室からの夜景

北へ向かって(写真左)
  Lake Shore Dr.を走る車のライトが繋がっています。


東へ向かって(写真右)
  Navy Pier

 天井の借景
 Ritz Carlton ChicagoのDinning Room
(Green House)の天井は、John Hancock Centerが見えるようにガラス張りになっています。
 Lake Shore Dr.から
 突き当たりに見えるJohn Hancock Centerの手前の低層の建物はThe Drake Hotelです。昭和天皇、エリザベス女王などが宿泊されたこのホテルは、シカゴで一番格式の高い老舗のホテルです。
 頭を雲の上に出し♪
 このビルの42Fから92Fはアパートになっています。高層階の住民は、下界の天気が分からないので階下のdoor manに電話で尋ねてから出かけると言う嘘のような本当の話も、この写真をみれば納得出来ますね。


  The 4th Prebyterian Church

 Michigan Av.を挟んでJohn Hancock Center の向かいにあるPrebyterian(長老派)教会です。Downtownにあるので、1日中お聖堂は開放され、またコンサートやギャラリーなど色々なeventが催されます。中央の写真は亡くなった子供の為にお祈りする月(4月)に、前年に亡くなった子供の数と同じ数の青いリボンが結ばれた教会前の木です。
 アメリカの教会はどこもステンドグラスがとても美しいですが、シカゴでは特にDowntownの南にあるThe 2nd Prebyterian ChurchのTiffrnyのglassが有名です。しかし、昔は高級住宅街で名士の豪邸が建ち並んでいたので今は歴史的保存地区(Prairie Ave. Histric District)に指定されているこの地域は、治安が良くない為、この教会は礼拝の時間帯以外はドアを閉ざしていてglassを観る事が出来ないのが残念です。
in spring  9306 blue ribbons
for 9306 lost children
  Lunch Time Concert


  Water Tower & Pumping Station

 Water Towerは1869年にゴシック調を模した初めての建築物として落成しました。その2年後の1871年にはChicagoの街の大半を焼きつくした大火があり、公共の建造物で唯一焼け残ったこのWater Towerは、その後 街のシンボルとして市民に愛され続けてきました。Michigan Ave.拡幅工事の際に取り壊し案が出されたのですが、市民の猛反対にあい、結局Michigan Ave.はここでカーブする事になったほどです。
  現在Water TowerはCity Gallery at the Histric Water Towerが、Pumping Stationには観光案内所と2003年3月に完成した劇場と映画館が入っています。またWater Tower の周りの広場は市民と観光客の憩いの場として親しまれています。 
Water Tower
 with new leaves
with winter delight Pumping Station
from Contempoary Art
 Water Tower前の広場の春は
真白なチューリップで埋まります。
 観光用の馬車と、馬用の水飲み場です。お客様を降ろした後は、馬がお水を飲んでから客待ちの列の後ろに順番に並びます。 チップはバケツの中へどうぞ! 蝶々蝶々良くお似合いです!  静止のパフォーマンスのはずですが、チップが入らないと動き出します。
後ろは工事中のPumping Station


 
 Keeping Chicago Clean

 Chicagoの街はいつもきれいにお掃除が行き届いています。
お掃除の主役はこのカート、そして運転しているのは大体このカートからはみ出すほど太っているAfrican Americanの市職員です。